滋賀県・赤坂山麓の高原、マキノ高原キャンプ場

マタセコイア並木

こんにちは、大阪分室在家です。
以前アドマンブログにも書きましたが、最近はめっきりキャンプにハマっております!ブログには「今年は月イチでキャンプに行く!」と宣言したのですが、4月は夫との休みが合わずに一度も行けず。。そのかわり、5月は音楽フェスでのキャンプを含めると3回行けました!

今回の「マキノ高原キャンプ場」へは、5月23〜24日の1泊2日で行ってきました。到着寸前に2.4kmほど、メタセコイア並木が続きます。緑がとってもキレイで、マキノ高原への期待度が高まります!

まずは周辺散策

看板がかわいい貸しスキー小屋 近くを流れる『ヨキトギ川』

GWも終わったのと、雨の予報だったのもあってキャンプのお客さんは少なめ。350ものテントを張れるという広〜い高原サイトは、フリーサイトなのでまわりを気にすることなくゆったりとスペースを使って設営することができました。

到着してひととおり設営できたら、周辺散策へ!キャンプをするといつも食べて飲んでばかりになってしまうので、カラダを動かすのはこの時間しかありません!ここは冬はスキー場になるので、冬期間は貸しスキーの小屋があったりもします。看板がなんだかカワイイです。

夏は一番人気という林間サイトは、木々に囲まれているのでハンモックも使えます。近くを流れる『ヨキトギ川』は浅瀬が多いので、子どもと一緒でも楽しく水遊びできそうです。この他にも、色々なサイトがあるので用途に合わせて使い分けできそうです。赤坂山への登山口もあるので、トレッキングウェアの団体も何組かいました。

メインの焚き火よるごはん

鮎とサザエ! 焚き火の中にじゃがいもを放りこみます

キャンプでのメインは、やはりごはん!ごはんとお酒に合うおつまみ作り!まずは近くのスーパーで買った鮎とサザエ!福井県のすぐ近くというのもあり、新鮮な魚介類が安くて豊富でした。

焚き火では、アルミホイルに包んだじゃがいもを放りこみます。感激するほどほっくほくに焼き上がっていました。私もうジャガイモさえあれば生きていけるってほど美味しかったです。

燻製にも毎回チャレンジするのですが、今回はイマイチうまくいかず…下味が足りなかったのかもしれません。。ウィスキーをちびちび飲みながら焚き火を眺めて、夜10時頃には寝袋で就寝です。

起きたらすぐにあさごはん

朝の定番コーヒーとホットサンド 中身はジャガイモと牛ひき肉の炒めたもの

朝は、甲高い鳥の声で目が覚めました。最近はどこでも熟睡できるようになってしまい、キャンプ場でも8時間以上寝てしまいます。。キャンプの朝は、定番コーヒーとホットサンド!中身は、前日焚き火でほくほくに焼いたジャガイモと牛ひき肉を炒めたもの。これも美味しい!ホットサンドは毎回色々なものにチャレンジできておもしろいです。

その後、使った道具をキレイに磨きながらテキパキと撤収作業。高原内に温泉施設もあるのですが、今回は琵琶湖近くの温泉に寄りました。

マキノ高原、とても過ごしやすくて気に入りました。売店で購入した薪の質もよかったです◎リピートしたくなるキャンプ場です!