厳しい北の大地、道東の自然と流氷

エゾシカ

こんにちは、須崎デス! 今年の北海道の冬、札幌は少し雪が少なかったような?でも道東は大変なことになっていたようですね。。今回ご紹介するのは、厳しく、そして美しい道東の自然です!

流氷。誰もが一度は見てみたいと思う光景ではないでしょうか。北海道はとても広いので、ずっと北海道に住んでいながらまだ流氷を見たことがないという方もたくさんいると思います。有名なのは網走や紋別の砕氷船だと思いますが、今回は知床羅臼方面の自然と流氷をご紹介します!

まずは準備万端に

野付半島に押し寄せる流氷

流氷は風や天候によって岸よりしたり、と思えば次の日には沖に離れていってしまったり。。なかなかタイミングの問題で見れないこともあります。それに皆さんもニュースなどでご存知かとは思いますが、北海道の冬は厳しいです。爆弾低気圧や猛吹雪によって道を遮られたり、一筋縄ではいきません。自分の身を守るためにも、天気予報や流氷の動き、そのほか道路状況など出発前に必ず下調べをしておくことが重要です。

釧路の丹頂鶴と野付半島

タンチョウヅル

そしていよいよ道東入り。流氷クルーズの前に釧路へ寄り道。野生のタンチョウを見ることができます。頭上を隊列をなして飛んで行く姿は、とても美しく圧巻です。

その後は野付半島へ。シカの大群、冬に北海道へ渡ってくるワシたち。一面の流氷!雪原が広がっているのではありません。これ、ぜんぶ流氷が押し寄せているのです。身震いするほどの感動です。

知床羅臼の流氷クルーズ クジラやワシたちとの出逢い

ミンククジラの群れ オオワシとオジロワシ

羅臼に入り、いよいよ流氷クルーズ。冬の海はとても寒いので、防寒はこれでもかというくらいガッチリしていってください。まず出迎えてくれたのがミンククジラの群れ。見えづらいかもしれませんが、潮をふいている様子がわかるでしょうか?

沖の流氷帯まで出ると、オオワシとオジロワシです!羽を広げると2m以上もあるワシたち。とっても迫力がありますよ!羅臼ではクルーズの船が何ヶ所かで運航しています。今年の流氷の状況は今は微妙ですが、去年は春になってもビッシリと流氷が残っていました。こちらの写真も去年の3月下旬のものです。その年によって状況がまったく違うので、行かれる際は充分に調べてから是非チャレンジしてみてください♪

夏の知床羅臼クルーズも

船からの知床岬(夏)

ワシたちはもう少しで帰りはじめますが、でも夏も羅臼のクルーズはやっています。壮大な知床連山に知床岬。ヒグマが海岸を歩く様子も見られるかもしれません。クジラやシャチを間近で見れるかもしれないチャンスもあります!

札幌からはなかなか遠い道東ですが、素晴らしく綺麗な大自然が広がっています。機会があれば是非行ってみてくださいね♪