在家の大阪100景

EXPOCITY@万博記念公園(2016年1月)

夜はイルミネーションがキレイです。 映画館の隣りには巨大なガンダムが。

2016年も大阪分室をどうぞよろしくお願い致します!本年一発目は、昨年11月オープンのエキスポシティ!大型ショッピングモールと、水族館、ポケモンジム、英語教育施設、移動遊園地、シネコンなどなど、体験型の施設が多くあります。日本一の観覧車は現在建設中です。

オープンにあたって、私が一番楽しみにしていたのは日本最大のスクリーンがある映画館!ビル6階建てに匹敵するという高さ18m超の巨大スクリーンで、先日スターウォーズIMAX3Dを見てきました。今までの映画館とはちがってスクリーンに包まれているような感覚…迫力がすごくて、ずっと脈拍が早かったです。海遊館がプロデュースした水族館「NIFREL」にも入りたいのですが、まだまだ人が多くてゆっくり見れなそう。。家が近くなので、ちょくちょく行って他の施設もぜひ体験してみたいと思います!

通天閣@大阪市浪速区(2015年12月)

とても素敵な天井画! 日中も、夜のライトアップも絵になります。

2015年最後の大阪100景は、大阪のシンボル通天閣!知らない人はいないでしょう。サイズ感がかわいいんですよね☆通天閣の内部にはまだ入ったことはないのですが…通天閣の下をくぐるときに上を見ると、とても素敵な天井画が!戦時中まであった化粧品の広告が、耐震補強工事にあわせて今年7月に復刻されたそうです。

新世界と呼ばれるこのエリアは、串カツ屋さんが所狭しと軒を連ねています。少し外れるとかなりディープな大阪を体験できる場所でもあります。現在の通天閣は60年前に完成した2代目。初代は103年前、パリの凱旋門の上にエッフェル塔を乗せたようなデザインで、ニューヨークのコニーアイランドを参考にした遊園地もあったとか。楽しそう!!やはり北海道の歴史とは全然ちがいますね。

USJ@大阪市此花区(2015年11月)

入口からハロウィン気分♪ USJには青空が似合います!

須崎と蓬田と私の3人でUSJへ行ったのは5年以上前。それ以来のUSJへ遊びに行ってきました!ハリーポッターエリアや新しいアトラクションも増えていて、さらにグレードアップしています。ちょうどハロウィン期間中だったので、仮装している人だらけ!仮装していない人のほうが少ないくらいでした。

ハロウィン期間限定のホラーナイトは凄いです!!18:00になると街全体の照明が暗くなり、ゾンビが大量発生して驚かせてきます。アトラクションもホラー仕様になるのです。そうとは知らずに入ったアトラクションでは、いきなり貞子がでてきて本気で恐かった。。でもあとで考えたらめっちゃ笑える恐さというか…とにかく面白いです!ぜひ体感してほしいと思います!現実逃避したいときには、USJで決まりです☆

ガンバ大阪@万博記念競技場(2015年9月)

スタジアム前。美味しそうなお祭りのにおいが漂ってます。 サポーターのみなさんもかっこよかったです!

1993年のJリーグ開幕から22年間、ガンバ大阪のホームスタジアムとして使用されてきた万博記念競技場ですが、もうすぐ新スタジアムが完成するので、ホームスタジアムとして使用するのは今シーズンが最後。ということで、行ってきました!!

試合開始は夜7時〜なのに、スタジアム前は午後から青いサポーターたちで賑わっています。たくさんのお店が出ていたり、ステージで子どもたちがダンスをしていたり、まるでお祭りです。試合は1対0で勝利。憧れの選手も近くで見れたし、観戦中のビールは美味しくて、申し分なく楽しませてもらいました。新スタジアムでの観戦も楽しみです!寄付金で建ててしまうなんて、大阪らしくてステキなところですよね☆

70年代の建築物@千里中央駅(2015年8月)

千里阪急。鮮やかな色と大胆な幾何学模様。 千里セルシー。当時は162レーンもある巨大なボウリング場もあったそう!

千里中央駅周辺は、1960年から千里ニュータウンの中心地として開発が進められた街。大阪では数少ない、ーから作られた街だそう。1970年初期の建物が多く、大阪万博へのアクセス路線としても重要な役割を果たした駅です。

一つ目は千里の阪急百貨店。幾何学模様が印象的!大阪万博と同じ1970年に開業。万博のパビリオンにあってもおかしくないような外観ですよね。

二つ目は1972年開業の千里セルシー。レジャー施設のような、なんだか夢のある建物!!錆び付いてる感は否めないのですが、1階の広場では様々なイベントが行われていたり、今でもたくさんの人で賑わっています。『老朽化して建て替え』なんて悲しいニュースが多いですが、ちょっとずつ直ながらこのまま残していってほしい建築物なのであります。

THE FARM UNIVERSAL@茨木市(2015年7月)

一度見たら忘れないステキなロゴマーク 鳥モチーフの雑貨もたくさんありました。

私が住んでいる大阪府茨木市に、とってもステキなお店がオープンしました!「ザ・ファーム・ユニバーサル」。“全ての人が楽しめる植物の楽園”がコンセプトの、関西最大級のガーデンセンターです。

約2000㎡あるという敷地内は、食べる、買う、遊ぶ、学ぶなどのテーマ別に分かれていて、どのゾーンもワクワクする空間になっています(カフェは7月以降OPEN予定)。

こどもが遊べる空間も充実していて、ペットもOKなので家族全員で楽しむことができます。見たこともないカタチをした観葉植物や多肉植物など、たくさんの植物に出合うことができます。ガーデニンググッズや植物に関する雑貨も充実しています。

部屋中を植物で飾りたくなることまちがいなしです!

中之島公園@大阪市(2015年5月)

ピクニック中、ヨガ教室に囲まれました。 周辺にはレトロ建築が多いです。

5月です!公園が楽しい季節がやってきました。お花もキレイに咲き出して、暑くもなく寒くもない、ピクニックのベストシーズンですね♪

普段は近所の万博公園に行くことが多いですが、たまには都会のど真ん中にある中之島公園へ。両側が川に囲まれていて、島のようになっているこの公園は、都会のオアシスとして様々な人が憩いの場として使っています。ピクニック好きの私としては、トイレがキレイなのも魅力のひとつです。

新しい公園のようですが、実はとっても歴史があるそう!明治時代に大阪市で初めて誕生した公園らしいです。そういわれてみると、中央公会堂や府立中之島図書館など歴史ある建物が多いです。バラの名所でもあり、ちょうどいまが見頃のピークです!

かん袋@堺市(2015年4月)

かん袋外観 壷入りくるみ餅5人前 2,580円

堺市にある、鎌倉時代創業の和菓子屋さん「かん袋」。
大阪で知らない人はいないほどの有名店です。「かん袋」の名付け親は、なんとあの豊臣秀吉!大阪城築城の際に、当時の店主が餅作りで鍛えた腕力を使い、瓦をひらひらと舞うように投げる姿を見て、秀吉が「かん袋と名づけよ」と命じたとか。

そんな由緒ある「かん袋」のメニューは「くるみ餅」だけ。クルミは入っていません。うすみどりの餡でお餅をくるんで食べることから「くるみ餅」と名付けられたそう。このみどりの餡がたまらなく美味しいのです!なんともなつかしく、やさしい味がします。

いつ行っても、たくさんのお客さんで賑わっています。夏にはかき氷をかけた「氷くるみ餅」も人気です。大阪の味と自信を持っておススメするのですが、賞味期限が1日しかないので帰省時にお土産として買っていけないことだけが残念でなりません…!

大阪モノレール@モノレール沿線(2015年3月)

モノレール モノレール文庫 モノレールギャラリー

大阪モノレールは、伊丹空港から門真市までを結ぶ、『日本最長』のモノレールです。決して便利な沿線というわけではないのですが、私は大阪に来てからモノレール沿線にしか住んだことがなく、モノレールのある風景に愛着があります。ガンバ大阪の試合や万博公園でイベントがあるときは混み合いますが、いつもは10分に1本の、のんびりとした電車です。

駅構内にはモノレール文庫のコーナーがあります。「モノレール文庫」とは、手続きもお金も不用で、自由に借りれるというもの。全て寄贈された本なので、本屋さんでは出合えないような昔の本もあったり。自宅に持ち帰って読むのもOKというシステムが素敵です。ほかにもギャラリーやラウンジがあり、それぞれの駅に特色があっておもしろいです。

551蓬莱@大阪全域(2015年1月)

551蓬莱のパッケージ 551蓬莱

みなさん、お正月休みは実家に帰省してゆっくり過ごされたのでしょうか。私が北海道や秋田(夫の実家)に帰省するとき、いつも頭を悩ますのが大阪のおみやげ。

理想のおみやげは空港で買えて日持ちするお菓子なのですが、これといってお勧めしたい商品がなくて…。そんなとき、絶対にはずさないのが『551の蓬莱』!!日持ちはしませんが、おかずや酒の肴にもなるので、とても喜んでくれます。551といえば豚まんですが、ボリュームたっぷりの焼売のほうがわたしの家族には人気です。エビ焼売も、エビの旨みたっぷりでとっても美味しいんですよね〜。

たまに食べたくなって駅で買って電車に乗ると、車両まるごと551の強烈な匂いになってしまうんですよね…。そんな大阪あるあるも含めて、大阪100景に選定させていただきます!

天満天神繁昌亭@大阪市北区(2014年12月)

提灯でうめつくされた繁昌亭の天井 繁昌亭は人でいっぱい

今回は、天満天神繁昌亭。

毎日公演をしている上方落語の定席で、朝席・昼席・夜席いつ行っても楽しめます。座席は216席のみなので、舞台がものすごく近い!劇場内の天井には、募金をした人の名前や団体名の書かれた提灯がぎっしりと並べられていてとってもキレイ!客層も「ザ・大阪!」な方ばかりで、かわいいおじいちゃんおばあちゃんや女装したおじさまなど、開演前も客席を見ているだけで楽しめます(笑)

初めて聴く生の落語は、とても迫力があり、想像力を掻き立てられました。本を読んでいるときのような、頭の中で想像した人の顔や町並みを組み立てていくのが面白いです。同じものを聴いて、みんなはどんな顔や町並みを想像していたのか、気になります。

終わったあとは、縁起の良いものを見たような満足感でいっぱい!それと、うどんが食べたくなります。大阪らしさを感じることができる、お気に入りの場所になりました。

海遊館@大阪ベイエリア(2014年11月)

海遊館 アザラシ くらげ

今回は、大阪の観光地の定番である海遊館。北海道から大阪に遊びに来てくれるわたしの友人たちは、ハリーポッターで盛り上がっているユニバーサルスタジオよりも海遊館のほうがずっと人気です。入口からエスカレーターで最上階の8階まで一気に上がり、らせん状の通路を地上から海底へと向かうようにゆっくり進んでいきます。ジンベエザメの大きな水槽が有名ですが、ニコニコして写真に写ってくれたアザラシがとってもかわいくて一番印象的でした。あとはクラゲも!!ずーっと眺めていても飽きません。

来年は25周年ということで、秋に海遊館とは全く異なるアイデアの水族館が万博公園敷地内にオープンするそう!京都水族館も2年前にできたばかりなのに。。水族館がアツイようです。今後も楽しみです。

イルミナイト万博 夕涼み@万博記念公園(2014年9月)

太陽の塔

今年の夏は本当にあっという間に過ぎてしまいましたね。8月の大阪では、21年ぶりに最高気温が35度以上の「猛暑日」がゼロだったとか!!とはいえ、暑かったです。ビールはいつでも飲みたいです。ビアガーデンや音楽フェスや高校野球など、夏ならではのイベントはたくさんありますが、共通していえるのはいかに最高のシチュエーションで美味しくビールをいただけるかが魅力だと思ってます。

この『イルミナイト万博 夕涼み』というイベントも、まさしく最高のシチュエーションです!キラキラとしたミラーボールとライトアップされた太陽の塔が幻想的な空間をつくり出し、世界のビールも勢ぞろい。子ども用のアトラクションもあり、それを微笑ましく眺めながらビールをいただく。はぁ…ビール飲みたいです。

ユニバース@味園ビル(2014年8月)

味園ビル味園ビル

大阪の方や、レトロ建築が好きな方なら誰もが知っているであろう千日前に建つ『味園ビル』。高度経済成長期の昭和30年に誕生した『総合レジャービル』です。その地下にユニバースはあります。かつてはアメリカのLIFE誌に、日本最大の豪華キャバレーとして紹介されたこともある、有名なキャバレーでした。3年前に惜しくもキャバレーは閉店となりましたが、現在は貸しホールとして音楽イベントなどが行われています。

内装はキャバレー当時のままで、無駄にゴージャスな装飾から昭和の香りがプンプン漂います。披露宴もできるようで、レトロな雰囲気が好きな夫婦がここで結婚式を挙げたら素敵でしょうね♡ 来年には、ここが舞台の映画も公開されるそうです!

サン・チャイルド@阪急南茨木駅(2014年7月)

サンチャイルド

万博公園駅の2つ隣りの南茨木駅。その駅を出ると、一番に目に飛び込んでくるのはどどーんと黄色い宇宙服のようなものを着た大きな人!!これは、大阪生まれの現代美術家・ヤノベケンジさんの「サン・チャイルド」という作品。東日本大震災が発生したちょうど1年後の2012年3月11日にここに設置されました。

作品の前に書いてある説明によると、黄色の服は放射線防護服。防護服を脱ぎ、未来に向かって足を踏み出す子供を表現。『傷つきながらも未来をしっかりと見つめ、希望を胸に力強く生き抜こうという再生へのメッセージがこめられている』そうです。恒久設置ということなので、サン・チャイルドはこの先もここから明るい未来を願い続けてくれます。